管理委託会社の変更



修繕積立金が不足している中、不要不急の工事を次々続けている日本ハウジングに対して、マンション居住者の不満が噴出して、管理委託会社の変更について検討会が始まった。

不誠実を続けるフロントマンの評判は最悪。

これに関連してアンケートを実施したら、評判の悪さを裏付けるものとなった。

居住者の資産に手を突っ込んでむしり取っていく日本ハウジングのやり方は到底許せるものではない。

全社方針なのか?

社長はきれいごとを言っていても、現場は売上志向でサービス~顧客満足は何も考えていない。

彼らが提案するのは管理費の値上げだけだ。





逃げ読破許さない。

詐欺みたいな受注をしていって、営業利益分は回収させてもらう必要がある。こいつは盗人と同じだ。




日本ハウジングは修繕積立金を食いつぶしたらさっさと引き上げる。管理費の利益率は知れている。工事を絡めて儲けたい。それを徹底している。だから、切り替えに絡んでくることは熱心で無い。フロント担当の首を出して留飲を下げさせようとするかもしれない。

親しまれていた管理人(管理員)をいきなり解雇するフロントマン?



親しまれていた管理人(管理員)をいきなり解雇するフロントマン?


公務員をしていた人が退職後の仕事に管理人を選んで、既に数年働いていた。ご自身もマンション住まいでマンション問題には明るく、気づいたことは率先してやっていた。居住者の信頼も厚く、色々な相談にも乗っていた。他の管理人はどちらかといえば、接触を避け9時5時を徹底していたので、対応の違いに驚くほどだ。

件の管理人は正義感の強い人でもあった。フロント担当にも的確な情報告あるいは必要な要請をしていたようだ。

フロント担当は素人同然で適切な対応が取れず、ときどき衝突する羽目になっていた。

このフロントマンは管理委任のちょっとしたミスをとらえて、鬼の首を取ったように騒いでいたとも聞く。暫く、衝突することは無かった、今月、久しぶりに衝突していたとのこと。大声でのやり取りもあったとか。

居住者へのアンケートではフロントマンの評判は最低。一方、翰林に評判は最上。

出来の悪いフロントマンが管理人を解雇するのだから困ったものだ。

これまでの後退では時間を取って挨拶をしていったのに、そういう機会を作ることもしない。

どこまで自己本位のフロントマンなのだ。


/




掲示板にはいきなり管理人変更のお知らせがあるが理由は一身上の都合と記載して済ましている。居住者の多くは日常的に会話していて一身上の都合でないことは誰でも知っている。フロント担当と衝突していたことも。

居住者のために良かれと思ってやっていることに眉を顰めたり邪魔したり、あげす少々のミスであれば、ここぞとばかりに付け込んで辞めさせている。

/

このフロント担当は、兎に角、最低。こんな最低の奴をそのまま使わざるを得ないで済ます日本ハウジングも最低だろう。



先日、窓口を除いたら、知らないおじさんが座っていた。事情を聞くが要領を得ない。 何も知らないおじさんが制服を着て座っているだけで何の役にも立たない。こういう引継ぎでは困る。

一身上の都合でという掲示が出たのは、後付け。管理人と喧嘩するフロントなんて未熟もいい加減にして欲しい。フロントマンの都合なのは誰でも知っていることだ。

仮に、辞めざるを得ない状況が生まれても、フロントは適切に対応して引継ぎなど、居住者への挨拶など、会社の格を下げないように最低限のことはしっかりやる。それがプロ。仕事ってそういうもんだろう。

このフロント担当に期待できないのは分かっているが、それならフロントを変えることだ。まえの翰林人は頭を下げて戻ってきてもらうべきだろう。

掲示板をニホンハウジングの営業用に使っているが誰が承認したのか?



掲示板の営業利用

掲示板を見ていたら、一方的に首にした管理人の人事の掲示の隣に、日本ハウジングの営業用のチラシが掲示されていた。

誰が許可したのか。

そもそもそういう場所ではないだろう。

もっとも各戸配布よりは良いが、業者の営業のり弁に供する目的の掲示板ではない筈だ。



短期間なら構わないと判断したのか?



管理規定、利用規定、の現状、記録。見直し規定、改定履歴。発生した問題、対処結果、など。

唐突な管理人変更


唐突な管理人変更



今までは、管理人が変わるときも事前に、挨拶をしていた。手紙を残してくれる人もいた。

今回は事前の挨拶もない。



フロント担当との折り合いが悪いのは有名だから、居住者の多くは知っているし、今回の変更もそれとは無縁でないだろうと思っている。


しかし、居住者のために頑張る管理人を首にして、何もしないと評判の悪い方が残っているのは納得できない。




頑張る管理人を辞め作用とする管理会社の事例は少なくない。

このマンションの悪い事例がまた一つ追加されたことになる。



掲示板に一身上の都合と記載があるが、フロント担当の横暴であることは誰でも分かっていることだ。

出鱈目なインターフォン取替工事




インターフォン/ドアフォンの工事が始まっている。

工事業者はアイホン株式会社。経営陣から現場スタッフまで知る限りではしっかりした真面目な会社だ。

しかし、管理会社が仲介してくると、普通の話が普通で収まらなくなることもある。

事前説明会。



日程は良い法的に決めてしかも1回だけ。


工事日程・オプション申し込みの受付期間は6月24日から設定されている。説明会は7月7日。前後が逆。日程調整が上手く行っていないのに工事だけ強行しているような疑い。


そもそも、工事決定は誰がしているのか?

機種選定・仕様決定は誰がしているのか明確でない。


管理会社が勝手にやっていることか?

日程調整もしないで消防設備点検



消防設備の点検

法定点検とかで毎年1,2回の点検がある。

業者が日本ハウジングから委託されて作業を行うようだ。

内容は、煙感知器とか熱感知器とかの設備が正常に動作するか、居室に入り込んで実際に道具を天井に当てて点検する。正常ならアラームが鳴動する。

点検としては、

ベランダの逃げ道が確保されているかどうかなども目視点検。



問題は、日程設定。留守宅の場合は、点検はスキップする。

日本ハウジングは一方的に日程を決めて通知するだけだ。

以前は予備日を作って、どちらかで対応できればよかったが、今の担当になってからは、1日だけの決め打ち通知。

自分の都合だけで、居住者恩顧と、都合は何も考えていない。

裏では、コストを抑えているのだろう。

これでは、法定点検の義務を果たしていない。

日本ハウジングは一応準備はやりました。点検を受けないのは居住者の勝手。と嘯いて済ましている。こいつが善良な管理者であるはずがない。



100%点検を達成するにはどうしたらいいかなど全く考えていないようだ。

不適切な日程設定で、点検を受けられなかった人は機会損失~不利益を被っている訳だから、費用の一部を戻す必要がある。それもやっていない。

自然に育った山百合を駆除する管理会社



敷地内には、植物を愛でる人が植えたのか、自然と種が舞い込んだのか、山百合があちこちで茎をのばし花を咲かせる。

道端にも山百合が育っているのを見ることがあるから、舞い込んだ種が自然の力で 育った可能性が高い。

山百合は背丈があるので、根を下ろした場所によっては、風の圧に耐えられなく、倒れてしまうことも多い。

そのことを理由に駆除するというらしい。

適切な場所に植え替えるなら、理解できるが、見苦しいから駆除するようだ。

自分で植えたものでなければ雑草だと強弁を垂れてやたら植物を排除しようとする業者は多いが、日本ハウジングもその一つ。もしくは、心ない担当の所業だろう。



この担当は、動物でも植物でも、迷い込んできたら全部を殺処分したいのだろうか。恐ろしい奴だ。善良な管理人とは、文字面だけで、実際は冷酷な輩なんだろう。こいつには自然環境を大事にする気持ちは全くなさそうだ。



自分で植えていない植物は雑草と勝手に定義しているらしいが、自分植えたものをリストにして出せよ!。

失ったものがあれば管理不行き届きで良いのかな。

ALL TIME

マンション問題注目ブログ

Rakuten

ブログ リスト

  • 不要不急 - 不要不急 ダイヤモンド・プリンセスを下船した人に、発熱したら不要不急の外出は控えて。 下船者に手渡した健康カードにはそういう記載があるらしい。 ダイヤモンド・プリンセス 下船者 健康カード 自己責任でということ。 迷惑を受けるのは社会だから、この発想は通らない。自己責任では困る。政府の責任でガ...
    3 日前
  • 回答フォーム一覧 - ケースステディ0:善良な管理者 ケースステディ1:人事 ケーススタディ2:自然災害・緊急時対応 ケーススタディ3:議事録 ケーススタディ4:管理月報 ケーススタディ5:コスト管理・修繕積立金管理 ケーススタディ6:駐車場管理 ケーススタディ7:保全管理 ケーススタディ8:迷惑行為 ケーススタディ9:見積発注管...
    4 か月前