日程調整もしないで消防設備点検



消防設備の点検

法定点検とかで毎年1,2回の点検がある。

業者が日本ハウジングから委託されて作業を行うようだ。

内容は、煙感知器とか熱感知器とかの設備が正常に動作するか、居室に入り込んで実際に道具を天井に当てて点検する。正常ならアラームが鳴動する。

点検としては、

ベランダの逃げ道が確保されているかどうかなども目視点検。



問題は、日程設定。留守宅の場合は、点検はスキップする。

日本ハウジングは一方的に日程を決めて通知するだけだ。

以前は予備日を作って、どちらかで対応できればよかったが、今の担当になってからは、1日だけの決め打ち通知。

自分の都合だけで、居住者恩顧と、都合は何も考えていない。

裏では、コストを抑えているのだろう。

これでは、法定点検の義務を果たしていない。

日本ハウジングは一応準備はやりました。点検を受けないのは居住者の勝手。と嘯いて済ましている。こいつが善良な管理者であるはずがない。



100%点検を達成するにはどうしたらいいかなど全く考えていないようだ。

不適切な日程設定で、点検を受けられなかった人は機会損失~不利益を被っている訳だから、費用の一部を戻す必要がある。それもやっていない。

ALL TIME

マンション問題注目ブログ

Rakuten

ブログ リスト

  • 高齢者を次々と狙う落日日本 - 落日 「落日」(湊かなえ)は記事内容とは関係ありません。 - 高齢者を次々と狙う落日日本 1. 落ちぶれた日本は、海外から食い物にされて、ますます貧しくなっていく。 2. 高齢者の年金に頼って生きているだけだ。 3. それでも足りないから根こそぎ奪いに行く。 / *<...
    6 日前
  • 回答フォーム一覧 - ケースステディ0:善良な管理者 ケースステディ1:人事 ケーススタディ2:自然災害・緊急時対応 ケーススタディ3:議事録 ケーススタディ4:管理月報 ケーススタディ5:コスト管理・修繕積立金管理 ケーススタディ6:駐車場管理 ケーススタディ7:保全管理 ケーススタディ8:迷惑行為 ケーススタディ9:見積発注管...
    11 か月前